お習字教室始めます

ちょっとしたご縁から、お店でお習字教室が始まりました。
c0238068_16144476.jpg


この教室を主宰されている大島先生は、おチビの先生でもあります。
お習字教室の先生というと、ものすごく真面目で怖い…ようなイメージがありますが、とってもおおらかでとにかく面白い方です。
なのに書を書くと、とてもダイナミックでアーティスティックな字を書かれます。以前、店の屋号を描いて欲しいとお願いした時も、サラサラと英語で書いてくださいました。今、店には
先生の作品を飾っています。
竹下夢二をイメージした詩を書にした作品。はみ出すように書かれた書を縦半分にカットし、表装したというもの。お店にしっくりと馴染んでいます。
c0238068_16044005.jpg

今まで同じビル内でされていた教室を、うちの店にお引越ししてこられまして。
初めてみなさんが書いているところを見ましたが、とっても楽しそう!
これも先生のお人柄なんでしょうが。
第2月曜日、最終週の月曜日の2回あるそうです。興味のある方は是非どうぞ。

店がある建物にはいろんな個性的な人がいます。上にはフルート楽団が入り、その代表の先生はフルート王子のような方です(笑)。その他も日本画の画家さんなど。店にもリース、ヨガ、英語、編み物、いろんな先生も。考えてみると、とても刺激的な環境です。

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎
おチビが書道を大島先生に習い始めて約1年と少し。
c0238068_16044083.jpg

ちょっと前に所属する浪速書道会の作品展で賞をいただきました。
近代詩という自由に書くという部門。
この時のお題が「妖怪ウオッチ」。最初聞いた時は笑ってしまいましたが。
この大島先生のスタイルは、立って書を書くというものなのですが、これがとても楽しいらしい。自由に楽しく妖怪を思いながら書いた字なんでしょう。そんな字でした。

おチビは書道とピアノ、陸上を習っていますが、どれも先生がとっても「いい感じ」なのです。そんな先生方とご縁があって、習えるということはありがたいことです。
小さい頃の習い事というのは、将来の仕事に…というのとはなかなかそうはいきません。でも今、私は小さい時にさせてもらった習い事がなんらかの形で自分役立っていることを実感します。それは40歳も過ぎたからなのかもしれません。
いろいろさせてくれた親に感謝ですな

[PR]
by verygoodchocolate | 2015-06-11 15:43 | Comments(0)
<< 6月の斑鳩町子ども教室 ベリチョコ「sweetsの会」... >>