斑鳩町子ども料理教室&kids cooking program2017年も始まりました!

お正月から、日々がすぎるにもあっという間。
今年最初の子ども料理教室も始まりました。今シーズン1番の冷え込みと言うし、雪も積もると言うので、ドキドキしながら材料を前日に買いましたが、あっけなく雪も積もらずホッと一安心。
1月は「the 中華!」ということで、メインは餃子!
種を作って、皮で包み、焼く。ここまで!

皮が半端に残ってしまったり、足りなかったりすると悲しいし、なんといっても1人10個食べれるよ!と言った手前きっちり作ってもらわなければ(笑)
c0238068_21570448.jpg

こうやって事前に配れば間違いなし。
c0238068_21570539.jpg

c0238068_21570699.jpg

1番この作業が時間がかかりましたが。
きっちり真面目にやってくれるところは子どもだからこそ!
c0238068_21570733.jpg

c0238068_21570889.jpg

上手に焼けました!
c0238068_21570915.jpg

中華風卵スープと春雨サラダ中華定食の完成。

今年も子ども達とたくさん料理を作れることを楽しみにしています。記憶の片隅に残る食べ物作りたいなと思っています。

ちなみに、来年度も斑鳩町子ども料理教室が開催されるそうです。
募集はもう少ししたら町報などでお知らせされるそうで。斑鳩町在住4年生以上の小学生が対象です。
・・・・・・・・・・・・・・・
子どもの頃の記憶というか、経験というのは何か見えないけれど心の奥にちゃんと残ってるんだなーと思うことが私も最近増えました。

私は小学生の時鹿児島に住んでいて、こども劇場という会に入っていました。多分子ども時代に本物の文化に触れるということが目的なんでしょう。劇を見たり、キャンプに行ったり。
そこで出会った大人でNさんという人が私の人格形成をする上で大きな核になった人。私の母が中心で活動をしていたせいで、我が家にも大学生や事務局の人々が出入りしていました。理想や、やりたいことを自分の意思で行動している人たちを見て育ちました。何か大きな理由があるわけではなく、その頃は何も思わず楽しんでいただけだけど、その頃の記憶が今の私のベースになっていると実感しています。

鹿児島から大阪に引っ越して以来音信不通だったその人とひょんなことから電話で話すことができました。
鹿児島吉野町というところで「どんぐり自然学校・どんぐり幼稚園」を作って26年になると話してくれました。
私が憧れた人が、想像以上に大きくなっていたということがとても嬉しく、いつか会えたらいいなぁと思っています。




[PR]
by verygoodchocolate | 2017-01-17 17:34
<< 「三郷町で暮らしてみよう」 ベリチョココミュ二ティー 1月... >>